最新情報
診療内容
これまで人に元来そなわっている「自然治癒力」と「時間のもつ優しさ」を軸に「心の医療」に取り組んで参りました。 世界、そしてこの国の変化とともに、現在の社会は急激な変化の只中にあります。価値観や対人関係、システム、構造、経済は驚くほどの速さで複雑化、多様化しています。わたしたちの世の中は、様々なストレスや「苦」、哀しみ、生きづらさをより感じやすい状況になっているのではないでしょうか。 私共は「心の病」の専門家として、悩んでいる方、苦しんでいる方のお手伝いをさせていただきます。 例えば、以下の様な症状にお心当たりはないでしょうか? ・憂鬱な感じがする、やる気が出ない、楽しめていたことが楽しめなくなる、ネガティブな考え方をする ・眠れない、夜中に目が覚める ・食欲がなくなる、食事に関する悩みを抱えている ・仕事や学校に行こうと思うのに行けない ・自分に自信がなくなる ・対人関係がストレスになる、自分がどう思われているか気になる、人の目が気になる ・親しい人、家族とうまくいってない感じがする ・感情の浮き沈みが激しい、情緒不安定になる ・人前で過度に緊張してしまう ・身体の痛み、動悸、しびれ、めまい等があって内科を受診しても、異常が無いと言われる ・突然不安感、恐怖が出現する うつ病、不安障害、統合失調症、発達障害、人格障害、ストレス性障害、睡眠障害、摂食障害、認知症等の病いでお困りの方、それ以外にも悩み事を抱えている方や、対人関係でお悩みの方、「自分は心の病では?」と心配されている方のご相談にも乗らせていただいております。お一人で悩みを抱え込まずにまずは診察にいらしてください。その方に応じた治療をご提案させていただきます。 精神科、心療内科の治療にも様々な方法があります。おくすりによる治療、漢方薬による治療、カウンセリング(精神分析的精神療法、認知行動療法、自律訓練法、親カウンセリング、親ガイダンス)による治療等、様々な治療方法があり、私共はその方に最適な治療をお勧めすることができると考えております。又、思春期の方及び思春期のお子さんのいらっしゃる親御さんのご相談もお受けしております。 また睡眠障害の診断として睡眠時無呼吸症候群の簡易判定装置スリープレコーダーのレンタルも行っております。 「毎回、愚痴こぼしに来てすみません。」と遠慮がちに仰るかたもいらっしゃいますが、それでも全然構わないのです。そうすることで自分の心を整理できるというメリットがあるのです。 患者さんに寄りそう姿勢を大事にされていた初代院長の金子和磨先生の創立の気持ちを引継ぎ、患者さんの困りごとを第一に考え、患者さんが安心して話せる場所を作れたらと思って日々診察をしています。
スタッフ
-

前田佳宏[院長](前列中央)/多門靖弘[事務長/臨床心理士](前列左)

院長前田佳宏

精神保健指定医
日本精神神経学会所属
日本小児精神神経学会所属

略歴

2013年島根大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科に入局。

三枚橋病院、東京警察病院にて一般精神科臨床、国立精神・神経医療研究センターにて薬物依存症の臨床にも携わった。

都内のクリニックにて児童精神科専門外来やトラウマ専門外来にも従事した。

精神分析や認知行動療法、家族療法の他に、BSP、BCT、EST、IFS、CPT、TF-CBTなどトラウマケアの各種技法や、漢方、睡眠医学、愛着などの視点も取り入れ、患者さんに適切な治療を提案する。

施設案内

待合室
明るい空間に自然光を採り入れ、待ち時間をリラックスしてお過ごし頂けるような空間です。

処置室

心電図や点滴の治療中や、具合の悪い方の休憩にも落ち着いて利用できるように工夫されています。
また壁や扉に鉛を入れ、電磁波の影響が軽減された空間となっています。

診察室
光と緑にあふれる、明るく快適な診察室を目指しました。
また充分なカウンセリングを行えるよう家具選定から細部まで気を配りました。

椅子

待合室の椅子(左):座っていても疲れにくい椅子を選びました。
診察室の椅子(右):エルゴノミクスを考え、よりリラックスした状態で診療を受けていただくようこの椅子を選びました。

アクセス

和クリニックTEL:042 - 737 - 5055 〒195-0062 東京都 町田市 大蔵町5002-2 鶴川メディカルモール1B-2